素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
新潟市江南区 基礎配筋工事
土間断熱材、立上りの断熱材の施工が終了したら鉄筋の組み立てに入ります。
新潟市江南区 基礎配筋工事_c0091593_10283125.jpg


鉄筋屋さんが、土間断熱材があるせいでむちゃくちゃ暑い、暑いとブーイング(前回記事に出てたブーイングがこれ)です。
熱カメラで見ると基礎の外よりむしろ涼しいように見えます。
新潟市江南区 基礎配筋工事_c0091593_10274817.jpg


が、よく考えてみれば断熱材の色が白いせいで日射熱を吸収せずに反射してしまい、その直上の気温を上げているのかもしれません。
少し前に東京オリンピックのマラソンかなにかのニュースで、暑くなりにくい遮熱性があるアスファルトの直上はむしろ暑いと言っていた気がするがそれと同じなのでしょう。
ちなみにスキー場と同じような環境で紫外線はむちゃくちゃ強いので日焼け止めを忘れると本当にこげます。

なんとか配筋終了。
新潟市江南区 基礎配筋工事_c0091593_10283147.jpg


その後瑕疵担保保険の検査です。
新潟市江南区 基礎配筋工事_c0091593_10323262.jpg


※実際の施工は猛暑日です。
※この現場にご案内できます。詳しくはこちらをご覧ください。




# by takakoun | 2019-12-14 10:19 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
新潟市江南区 基礎着工 土間下断熱材
基礎工事が始まった後、地鎮祭の時に預かった鎮め物を埋めます。工事が始まってしまうと時間的猶予が意外と無いので忘れずに。
新潟市江南区 基礎着工 土間下断熱材_c0091593_09471295.jpg


防湿シート施工後、捨コン打設。
新潟市江南区 基礎着工 土間下断熱材_c0091593_09471246.jpg


今回は深基礎がないので完全にフラットな捨コン。
新潟市江南区 基礎着工 土間下断熱材_c0091593_09471286.jpg


その上に土間下断熱材を敷いていきます。しかしこれが後々ブーイングの元に・・・
新潟市江南区 基礎着工 土間下断熱材_c0091593_09471144.jpg


※施工は真夏時です。





# by takakoun | 2019-12-08 09:55 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
新潟市江南区 地盤調査 地盤改良 鋼管杭
地盤調査後、地盤補強工事へ。
新潟市江南区 地盤調査 地盤改良 鋼管杭_c0091593_13340395.jpg


今回は施主の希望もあり、鋼管での補強工事。
新潟市江南区 地盤調査 地盤改良 鋼管杭_c0091593_13340377.jpg


4か所ほど、地盤調査時の推定深度へいっても必要なトルクが足りなかったので(地盤が固いと鋼管を挿入するにも力(トルク)が必要、トルクが足りないというのは想定よりも弱い)、鋼管杭を想定より深く施工することにしました。

このように同じ敷地内であっても支持層の深さが異なる場合もあるほどなので、地盤調査の近隣データなどはあくまで参考程度にとどめておいた方が無難です。地盤改良工事施工者さんには急な対応して頂き感謝。
新潟市江南区 地盤調査 地盤改良 鋼管杭_c0091593_13340313.jpg


重機のこういった部分、惹かれませんか。
新潟市江南区 地盤調査 地盤改良 鋼管杭_c0091593_13340369.jpg


# by takakoun | 2019-12-01 13:46 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
新潟市江南区 地鎮祭
シーズン遅れでの掲載すいません。
新潟市江南区で地鎮祭行いました。
今回も外壁の断熱厚が225mmという分厚い仕様。
元気な男の子が2人いるお家です。

新潟市江南区 地鎮祭_c0091593_15262121.jpg



# by takakoun | 2019-11-23 19:52 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
新潟市秋葉区 無暖房時の室内温度

建物が完成して引き渡すまでの間、いつも何らかの測定を行うことが多いのですが、今回は暖房などの空調を入れて効果を見るには半端な時期なのでどうしようと考えてました。

大工さんとの雑談で、「最近、夜すごく寒くなってきて布団で丸まっている。」と言っていたのを思い出し、暖房をつけるには少し早いこの時期、無暖房の状態での高断熱住宅の室内温度を測定してみました。


測定期間は11月5日から8日まで。
立地は新潟市秋葉区。
天候は概ね晴れ。
暖房は完全にOFF。
24時間換気もOFFで換気による熱損失は無いが、そのかわり無人なので生活上の内部発熱もゼロ。(プラマイするととんとんに近いと考える)


室内温度計は日射が入りやすい2階ではなく1階、かつ日射が当たらない場所(床下エアコン上部ですが、エアコンはOFFのため暖房の影響は受けません。)にセット。
新潟市秋葉区 無暖房時の室内温度_c0091593_10095872.jpg


屋外温度計は南側のエアコン室外機の影。
新潟市秋葉区 無暖房時の室内温度_c0091593_10100500.jpg


測定結果のグラフ。赤が室内温度。青が屋外温度。
新潟市秋葉区 無暖房時の室内温度_c0091593_10015829.png

青線の屋外温度は上下の振れが大きい(寒暖差が激しい)。特に7日は最低6.5℃、最高18℃と約12度近い温度差(気象情報では最低3.8℃、最高18.3度と約15℃近い温度差)。
赤線の屋内温度は17℃~19℃で、2度の温度差。

室温は日射がない夜間でも屋外の温度にさほど引きずられずに一定を保ち、設備に頼らない躯体の基本性能(断熱性能)の高さがよく分かると思います。(建物の断熱性能はこちら参照)


2階の温度は測っていないのですが、日射がよく入るので日中の室温はもう少し上だったかもしれません。
新潟市秋葉区 無暖房時の室内温度_c0091593_10100584.jpg




# by takakoun | 2019-11-17 16:26 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
新潟市秋葉区 完成内部

秋葉区の家、見学期間終了しました。

内部をいくつか紹介します。



家の中で一番暗い(日射の影響が少ない)場所に配置した保冷庫(保冷庫の紹介記事
新潟市秋葉区 完成内部_c0091593_11463854.jpg


床下エアコン
新潟市秋葉区 完成内部_c0091593_11465117.jpg


床下エアコンの吹き出し口のひとつ、玄関スリット
新潟市秋葉区 完成内部_c0091593_11464792.jpg


空調用個室ファン
新潟市秋葉区 完成内部_c0091593_11463086.jpg


和室。押入の上部空間は工事中に追加になった建具枠だけ見えるように納めた神棚
新潟市秋葉区 完成内部_c0091593_11480647.jpg


収納家具、建具類は全て造作
新潟市秋葉区 完成内部_c0091593_11463641.jpg



# by takakoun | 2019-11-10 20:55 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
新潟市秋葉区 気密測定

建物が完成し、エアコンなども設置した後(隙間も住んでいる状態と同じ条件になったら)、気密測定をしていきます。

新潟市秋葉区 気密測定_c0091593_16495020.jpg

結果は0.19cm2/m2と超高気密。(気密に関しては当社HPのこちら をご参照ください)

いつもそうですが、なんかテストを受けているみたいで(実際そうですが)ほっとします。


※この現場にご案内できます。詳しくはこちらをご覧ください。




# by takakoun | 2019-11-03 17:10 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
新潟市秋葉区 24時間換気 換気風量測定

実際の換気ダクトの施工状況に基づいて、換気風量をPC上で再計算。
新潟市秋葉区 24時間換気 換気風量測定_c0091593_14212659.jpg


そして完成時に、換気風量を実測していきます。
新潟市秋葉区 24時間換気 換気風量測定_c0091593_14205720.jpg
新潟市秋葉区 24時間換気 換気風量測定_c0091593_14210261.jpg



計算値と実測値、それほど大きく違わないことが多いのですが、今回は実測値が12%ほど少ない。

おそらく原因は、屋外の排気用フードを当初予定していたものから変更して抵抗が増えたからでしょう。こんなことでも換気量が大幅に変わってくるので換気風量チェックはマストだと思います。


ただ、換気量自体は少なくても全然問題ありません。コントロールツマミをその分上げれば換気量は確保できるからです。

換気量を測定しておくと必要な換気量を確実に確保したり、逆に最低限の換気量を確保しつつも実生活に合わせて換気量自体をしぼることも可能になります。

問題なのは、どの程度換気できているのかわからないためにコントロールもできないこと、です。


※この現場にご案内できます。詳しくはこちらをご覧ください。






# by takakoun | 2019-10-27 16:52 | 換気 | Trackback | Comments(0)
新潟市秋葉区 桧の無垢材フローリング床板

床材はヒノキ無垢材。最近多く採用して頂いている床材です。
新潟市秋葉区 桧の無垢材フローリング床板_c0091593_10123037.jpg


合板を主体としたフローリングと異なり、木目や色などを見て、一枚一枚貼っていくので手間が数倍かかります。
新潟市秋葉区 桧の無垢材フローリング床板_c0091593_10123418.jpg


無垢材といっても、工場でフローリング材として加工されてから納品されるので、寸法などは一見同じように見えます。が、中には寸法精度が異なる板もあり、場合によっては手を加え、加工してから貼るのでさらに手間がかかってしまいます。トータルでは5倍以上の手間がかかっているかも。
新潟市秋葉区 桧の無垢材フローリング床板_c0091593_10154708.jpg

この現場にご案内できます。詳しくはこちらをご覧ください。



# by takakoun | 2019-10-20 17:44 | 自然素材 | Trackback | Comments(0)
新潟市秋葉区 外壁 杉板よろい張り

ガルバリウム鋼板の細かい小波ピッチと対照的になるように、幅が広めの杉板を玄関周辺によろい張りで施工していきます。
新潟市秋葉区 外壁 杉板よろい張り_c0091593_16125645.jpg


玄関まわりはめんどうでしたが完成です。
新潟市秋葉区 外壁 杉板よろい張り_c0091593_16130098.jpg


冬季の風を考慮して玄関横に防風の目的で杉板をスノコ状に留め付けました。
全体的に無機質な外観ですが、玄関だけみると木質感が強調されています。
新潟市秋葉区 外壁 杉板よろい張り_c0091593_16130510.jpg

この現場にご案内できます。詳しくはこちらをご覧ください。





# by takakoun | 2019-10-13 14:17 | 自然素材 | Trackback | Comments(0)