素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
登り梁 水平構面

登り梁に直接合板を貼っていき、建物の水平面を固めていきます。


2重に貼るので大量の合板を屋根に載せ、

c0091593_14345607.jpg


貼っていきますが、なかなか減りません。

c0091593_14345687.jpg


登り梁に直接合板を貼る場合、合板の継目には柱と同じ幅がある梁が下に来るので、釘の施工、管理が非常に楽になります。

通常、屋根合板の継目は幅の狭い垂木(4.5cm)が来ます。垂木と合板の位置がずれてくると、釘を打ち損じたり、合板と釘の縁あき距離がとれなかったりします。その上時間を置かずに防水シートを上に被せ、見えなくなってしまうのでチェックも慌ただしくなります。



多めにとった縁空き距離。合板に打たれた墨の位置は垂木の端。下が梁ではなく垂木だと釘を打ち損じていることになります。

c0091593_14345684.jpg



筋交や耐力面材などの鉛直構面は構造的に重要だとピンとくるようですが、この屋根構面(水平構面)に関しては、重要な構造材、というよりもただの屋根の下地材、としてまだまだ多くの大工さんが認識している気がします。





# by takakoun | 2019-04-14 15:23 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
祝上棟 建て方ダイジェスト

建て方工事のダイジェストです。

完成した基礎の上に土台を敷いたり、材料を運搬したり。(これは別日)

c0091593_14373592.jpg


準備が整ったら1階柱からスタート。

c0091593_14373511.jpg


次に2階の桁、梁をクレーンを使って架けていきます。

c0091593_14373517.jpg


金物を取り付けたり、

c0091593_14373508.jpg


2階床の合板を敷き込んだら、

c0091593_14373504.jpg


2階の柱、

c0091593_15074437.jpg


小屋組みの桁、

c0091593_14373540.jpg


そして最後の大詰め、小屋組みの梁を架けていきます。

c0091593_14373686.jpg


きれいに組みあがった2階屋根部分の構造材。いつもは和小屋が多いのですが、今回は登り梁で設計しています。

c0091593_14373647.jpg


組み上げた構造材の全景。1日で無事にここまで組めました。そうとう体に疲労がたまりますが、組みあがった安堵感で満たされます。(プラス、明日もハードだけど体が持つかなぁと考えていたりします。)

c0091593_14373670.jpg


実際の建て方工事は真冬(2月)に行いましたが、今年は雪もなく、天候に恵まれ、これほどスムーズにいくとは思いませんでした。関わって頂いた方みんなに感謝しなければ。




# by takakoun | 2019-04-06 17:36 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
建て方(上棟)前準備

基礎工事が完成した後でも、建て方工事(構造材を組み上げる工事)の前に、いろいろな工事・作業が残っています。

基礎断熱材の隙間に防蟻用のコーキングで隙間を埋めたり、

c0091593_17102949.jpg


排水工事を先行して行ったり、

c0091593_17193770.jpg


基礎の上にシロアリ侵入防止用のテープを貼ったり、

c0091593_17095054.jpg


基礎断熱材に左官仕上げを行ったり、

c0091593_17172189.jpg


と目立たないかもしれませんが様々な工事、職人さんがかかわっていきます。






# by takakoun | 2019-03-24 17:38 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
木材加工 花粉症スタート

基礎工事を行っている間に作業場では、プレカットでは対応しづらい構造材や垂木などを大工さんに加工してもらいます。

c0091593_20160347.jpg


ところで、今年は暖冬傾向だったせいか、花粉症の症状が例年よりも早く来ています。
去年は3月中旬、今年は2月末ぐらいですから半月程度も早いことになりますが、その分早く終わるのでしょうか?

花粉症の鼻水は水みたいで、油断していると、つーときます。なのでしょっちゅう鼻をかまなければいけないのですが、両手で作業していることも多いのでいつもタイミング良くとはいきません。鼻水の指摘をしてくれる人もいますが、本人も重々わかっているのでわざわざ教えてくれなくても大丈夫です。

今年はいつも以上につらいので(毎年言っているような気がしますが)、病院にいって薬をもらってきました。これで緩和できるといいのですが。

c0091593_20161332.jpg







# by takakoun | 2019-03-17 20:40 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
新潟市秋葉区 基礎工事 コンクリート打ち込み

まだ雪が残る現場でコンクリート工場が発行したコンクリートの配合計画書を確認後、コンクリートの打ち込みへ。

c0091593_14172518.jpg


職人さん達はてきぱきと慌ただしく動いてコンクリートを流し込んでいきます。

c0091593_14173090.jpg

最近は春めいてきましたが、この工程の近辺(実際には1月打ち込み)は天気予報とにらめっこする時間が多くなります。

天気予報といっても主に気にするのは温度。幸いなことに雪国といっても新潟市近辺はさほど気温が下がらない地域なので助かります。

気を付けるとすれば、大雪や寒波は別として、晴天の時。放射冷却は思いのほか温度を下げることがあるからです。曇り空が多い新潟はこの点でも有利?なのかもしれません。




※コンクリート打ち込み時の動画です。音に注意してください。






# by takakoun | 2019-03-11 17:24 | Trackback | Comments(0)
基礎工事 アンカーボルト

鉄筋配筋が終わり、型枠を施工する段階になると、アンカーボルトの位置や高さ、鉄筋のかぶり厚などをチェックしていきます。

c0091593_15380643.jpg


3桁近くの数のアンカーボルトを現場でセットしていきますので、ミスがあるものだと思って全数確認を心がけています。

c0091593_15381711.jpg


基礎屋さんからシビア、と言われましたががんばってください。






# by takakoun | 2019-03-03 15:58 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
基礎工事 土間断熱 鉄筋配筋

基礎工事は続きます。

今回は基礎スラブ下に断熱材を敷いていきます。断熱材は防蟻処理した断熱材を使用。

c0091593_09290903.jpg



その後鉄筋を配筋していきます。ある程度工場の方で加工・組立してくるのでテンポよく進んでいきます。

土間断熱材(白い物)が途切れている場所が基礎地中梁。今回は上部構造体がうまく整理できたのでさほど太い鉄筋は使わないで済んでます。

c0091593_09290960.jpg


その後、様々な箇所を確認をしていき、

c0091593_09290928.jpg


修正してもらって完成です。この後、瑕疵担保保険の検査を受けます。

c0091593_09290929.jpg







# by takakoun | 2019-02-16 10:01 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
瓦葺き替え工事

瓦の葺き替え工事です。
瓦自体の痛みが進んでおり、数年前に割れた瓦だけを交換して延命を計っていたのですが、棟に絡んで交換できない箇所も増えてきたので、今回全面的に葺き替えすることにしました。

既存の瓦の撤去からスタート。

c0091593_16361860.jpg


下地を補強し、防水シートを施工してから新しい瓦を葺いていきます。新しい瓦は安田瓦。

写真では写ってませんが時折雪が舞っている中での工事です。雨や雪が降っていると屋根の上に立っているだけで怖くなりますが、さすが職人さんです。平気?で工事は進んでいきます。

c0091593_16361812.jpg


古い屋根についていたしゃちほこ。知らなかったのですが、家を火災から守る役目があるみたいです。記念として庭に鎮座してもらうことにしました。

c0091593_16361864.jpg


が、急きょ家主の意向で、新しくなった屋根の上でも働いてもらうことになり棟の上に取付。もう一度がんばってもらいます。

c0091593_16361841.jpg






# by takakoun | 2019-02-09 12:51 | リフォーム | Trackback | Comments(0)
基礎工事 捨コン

今年は雪が降らなくて助かるなぁと思っていましたが、さらっと降られました。

c0091593_17110840.jpg


でも去年と比べたら雲泥の差です。こんなでしたから毎日のように雪かきをしたような気がします。
今年はこのまま雪が降らないといいのですが・・・

その後防湿シートを敷いて、

c0091593_17111113.jpg


捨てコンクリートを打ちます。地業も平らなので捨コンも平らです。

c0091593_17111465.jpg








# by takakoun | 2019-02-01 16:46 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
平らな地業

地盤改良が終わると基礎工事が始まります。
今回はフラットな地業なので施工しやすい、はず。(深基礎があるので7割ほどですが)

c0091593_17543822.jpg


糸を張っての高さ確認。

c0091593_17542910.jpg


基礎工事が本格的に始まるこの段階で、地鎮祭のときに神主さんから頂いた鎮物(御札)を忘れずに埋めます。

c0091593_17542453.jpg








# by takakoun | 2019-01-27 10:19 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)