素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
耐震改修での金物補強
耐震改修工事というと耐力壁の追加がメインとなってくるが、こういった金物補強も大事。
地震時に柱に生じる引き抜き力に応じて、計算により金物を選択していく。

改修しているお宅は土壁で当然のことながら壁の中は土がつまっているので、注意しないと金物がとりつけにくい。

これは最近でてきたのだと思うが、プレート状の10kNの引き抜き力に対応した金物。
柱と横架材の側面につけられるので施工しやすい。
10kNに耐えられるので通常使っているプレートよりもひとまわり大きいのがわかる。

耐震改修での金物補強_c0091593_15593684.jpg


by takakoun | 2012-08-29 18:14 | 耐震改修 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/18395459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ヒバの縁側 夏の屋根瓦の温度 天井表面の温度 >>