素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
リフォームの住宅ローン減税
新築住宅ではすっかりおなじみとなった住宅ローン減税。

リフォームでも使える場合があるのをご存じでしょうか。
単純なリフォームだけだと要件が厳しいのですが、比較的ハードルが低いのがバリアフリー改修。

50才以上で、段差を無くしたり手摺を設けたりした工事が30万円以上だと適用になる可能性があり、ローン残高(200万まで)の2%を5年間、所得税額控除されることになります。
また、バリアフリー改修だと(他の改修でも有)投資型と言って、ローンを組まなくても減税対象になりますので現金でリフォームされた方でもOK。


詳しくは国土交通省のこちらにまとまっていますので、ご確認くださいませ。
他にも耐震改修、省エネ改修などもあります。
確定申告が過ぎちゃったーという人でも、これらは還付申告になるので約5年間は申告できるはずです。

大まかなローン型のバリアフリー改修の要件
リフォームの住宅ローン減税_c0091593_1634315.jpg


by takakoun | 2013-03-19 17:28 | ファイナンシャルプラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/19696426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 住宅耐震改修証明書 やはり現場ありきです >>