素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
サッシが高性能だとスマホの電波に影響?

アンテナついたよっとの事で見に行ってきました。

c0091593_17251479.jpg


このアンテナは携帯電話用の電波増幅装置。
屋外だと問題はないみたいなのですが、建物内だと感度が悪かったみたいで施主が携帯電話会社に相談。
電波調査した携帯電話会社さんが言うには、もしかしたらサッシ性能の影響があるのかも、ということで、今回屋外にちっこいアンテナを設置し、細いケーブルで屋内に引き込んでいるみたいです。

トリプルガラスの2層のlow-e(金属膜)の影響なのでしょうか。
維持費は電気代¥200/月のみとの事。受信状態は抜群になったらしい。
携帯電話会社さんによって対応、方法は異なるとは思いますが、建物内で携帯電話の電波状態が悪く不都合を感じている場合は相談してみる価値はありそうです。


話変わってこのお宅、今年の冬場の電気代を聞いたみたら真冬の2月分の総合計(暖房費ではなく家全体でかかる電気代)で一万円いかなかったらしい。
昨年度の同時期はこちらの記事にあるように¥13,000/月でしたね。

基礎断熱のため、昨年度より土間コンクリートの温度が安定してきたのも影響しているのでしょうか。
暖房方法は床下エアコンを活用した方法。

施主努力もすごく、聞くと、暖房方法の工夫や、タイマーを活用して使いすぎないようにしたり、逆に深夜電力帯に電源がオンになるようにしたり。頭が下がるばかりです。

c0091593_17251968.jpgこのようなタイマーです。電気屋さん等で安く売っているみたいです。


by takakoun | 2013-06-19 17:29 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/20390397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新住協の家づくり2013 書籍... カビの繁殖した壁の改善 >>