素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
日射遮蔽は屋外で行うと効果的です
暑い夏がやってきました。
噂では今年の暑さは尋常じゃないとか。今から憂鬱になってきます。

いろいろな暑さ対策があると思いますが一番に考えたいのが窓の日射遮蔽。これは通風するにしても空調をかけるにしても室内環境がかなり変わってくるのでおすすめ。

そして日射を遮蔽する場合、窓の室内側よりも窓の外側で行う方が圧倒的に効果があります。
どのくらいかと言うことで、「自立循環型住宅への設計ガイドライン」に表があるので見ていきます。


日射遮蔽は屋外で行うと効果的です_c0091593_1142474.jpgこの表は、まったく日射対策をしていない窓を基準(1.00)とし、それぞれの場合の日射遮蔽の効果を表しています。
室内と室外の効果を単純に比べたいので、ブラインドを見ていくと、

室内側にブラインドをした場合は約4割カットの0.57。
対して室外側にブラインドをした場合は、約8割カットの0.22。

ということで、ざっくりですが屋外側にブラインドを設置した場合は、屋内側と比べても約3倍の効果があるということがわかります。

よく見ると障子も意外と日射遮蔽効果、ありますね。

過去参考記事




by takakoun | 2013-07-17 17:26 | 日射対策 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/20512806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< トイレ改修 通気止め 土地お浄め >>