素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
銅板屋根と酸性雨

ある方から雨漏りがあるので見てほしいとのことで訪問。

建物の内部の方だが、見てみると文字通りぽたぽたと水が落ちてくる。
屋内からではわからないので屋根に上って調べてみることに。
上部が和瓦で下の方が銅板の、たまに見かける和風な組み合わせ。

見ると瓦の谷になっているすぐ下、雨水が落ちる個所ほぼ全てに穴がありました。写真の仮補修のコーキングの場所になります。
銅板屋根と酸性雨_c0091593_16274686.jpg

私自身、銅板で葺いたことは無いのですが、銅は耐久性がある素材という認識。
ただ酸性雨などの影響と、これは聞いた話ですが和瓦の釉薬の影響もあってこういった事例も結構多いみたいです。(このお宅で使用していたのは安田瓦)

銅板で補修するといずれ同じようになるので、一旦、瓦をめくって穴が開いたあたりはステンレスでカバーすることにしました。
しばらく様子を見てもらいましたが雨漏りは直ったようです。

銅板屋根と酸性雨_c0091593_16275011.jpg


by takakoun | 2013-12-20 16:32 | メンテナンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/21199601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 壁断熱材 充填断熱 考えたことありますか?誰も言... >>