素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
換気ダクト工事

石膏ボード下地を貼ってしまう前に24時間換気本体、そしてそこから伸びるダクトを施行しなければなりません。

換気ダクト工事_c0091593_15273377.jpg


ダクト自体の口径は100mmとそんなに太くはないのですが、梁の背によっては通らない場所もでてくるのでどのルートを通らせるか、事前に計画が必要になってきます。

換気ダクト工事_c0091593_15273920.jpg


具体的には、構造計画段階で梁の高さが確定したらダクトが施工できるか確認し、どうしても通らない場所がでてきたら、梁背は変えられないので階高の方で調整していきます。

今回はなるべく建物高さを低く抑えたかったので、センチ単位で検討しました。

by takakoun | 2014-02-08 16:58 | 換気 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/21630830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 無垢材 フローリング 屋根通気層 外壁通気層 >>