素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
床下エアコンの温度チェック
床下エアコン1台で家中の暖房をまかなうと、どのような温度環境になるのか実測してみました。

建物大きさは約33坪。Q値で1.31W/m2K。C値0.2cm2/m2。


この建物をダイニング近くの床下に設置した1台のエアコンで暖房していきます。
エアコン自体は収納のガラリ奥の空間の中へ組み込まれています。
床下エアコンの温度チェック_c0091593_16524652.jpg



測定したのは3月10日9時頃。
気象庁のデータで見ると春まっさかりの現在と違い、屋外温度0.5℃。
新潟市の3月にしては寒い日です。
前日に暖房をONしたばかりで、基礎や壁が十分蓄熱されていないためエアコンを消すと熱が吸い取られる感覚がしますが、測定はエアコンを点けている状態ですからさほど問題ないと思います。


温度計を見ると1階が約20℃。吹き抜けなしの間取りですが2階ホールで約18℃。
まだ生活はしていませんが、塗壁施工したばかりなので湿度は約50%と高め。
床下エアコンの温度チェック_c0091593_16513765.jpg


第3種換気だと2階温度はこの辺りが限界な気がします。
個人的にはこれで問題ないと思いますが、暮らし方によっては2階の予備でつけたエアコンをつければ温度差はなくなります。2階ホールは写真のように階段に面した広い空間。
床下エアコンの温度チェック_c0091593_16514338.jpg



次に放射温度計で床の表面温度を測定。
1階の床面温度は部屋の温度より少し高い23℃。
桧の足ざわりもあって暖かく感じます。
床下エアコンの温度チェック_c0091593_16513218.jpg


離れた脱衣室でも23℃ありますので床下空気の流通の良い場所はだいたいこんな感じでしょうか。
床下エアコンの温度チェック_c0091593_16512734.jpg


by takakoun | 2014-04-12 17:22 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/21998098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ピュアミニキッチン 24時間換気 換気風量測定 >>