素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
耐震診断その2

耐震診断の続きです。

屋根裏にのぼってみると、きれいに断熱材が敷かれてました。聞くと、もう亡くなったご主人が依然電気屋さんをしていたようで、天井裏に自分で入って断熱材を敷き込んだらしい、とのこと。電気屋さんは配線工事のために屋根裏や床下に入ることも結構多いので、慣れていらっしゃったのでしょう。なかなかできないことです。

通常はいくら断熱材を敷いていも、気流止めを行わないとあまり効果はでないのですが、幸いなことに、このお宅は壁が土壁で作られており(壁の中の空洞がない)、気流(参考記事 )が発生しないのである程度効果はでているのでしょう。

耐震診断その2_c0091593_16064380.jpg



その後、現況を整理し、耐震診断書を作成してから提出です。
耐震診断その2_c0091593_16071940.jpg





by takakoun | 2017-08-18 15:48 | 耐震改修 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/26908997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夏季休暇 構造計算 2017夏季休暇 >>