素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
建築士定期講習

昨日は建築事務所に所属する建築士が受けなけなければいけない建築士定期講習を受講しました。
この講習は建築士の能力向上と維持を目的として法律で義務付けられており、3年ごとに受講しなければなりません。

そのテキストの中に、住宅の断熱性向上と健康維持増進の相関関係(断熱性upで疾病改善up)に関することが載っていました。この事は以前から言われてはきましたが、住宅を断熱化させることで光熱費の削減だけではない便益がある事が、国家資格の講習テキストに載るほどに検証されてきているようです。

建築士定期講習_c0091593_13194920.jpg


講習の方は、修了考査(テスト)があるので、後日結果がわかるまでは終了していないことになります。






by takakoun | 2017-10-20 17:08 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/28070036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新潟市 エアコン 気密処理 新潟市 瓦 谷板金補修 >>