素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
新潟市 エアコン 気密処理

OB施主さんから、エアコンのクリーニングを専門業者に頼んで行ったとの連絡がありました。
その際、床置型のエアコンだけは構造上、いったん室内機、室外機ともに建物から取り外してクリーニングをおこなってから再度取付したらしい。

そこで気になったのが、エアコンの配管が建物の外壁を貫通している箇所の気密処理です。その部分がどうなっているか心配なので確認のためお伺いしてきました。


新潟市 エアコン 気密処理_c0091593_16290548.jpg格子がはまって見えませんがこの中に床置エアコンがあります。




まず熱カメラで配管を見てみます。室内の熱が漏れてなさそうなので大丈夫そうには見えます。(配管カバーの上の方) が、確信が持てないので、結局この後カバーをいったんとり外して、貫通している穴がシールされて隙間がないのを直接確認し、その後復旧しました。

新潟市 エアコン 気密処理_c0091593_16330810.jpg下の方のパイプが熱を運んでいるのが良く分かります。




このお宅に行くときは、新潟市指定文化財の満願寺稲架木(まんがんじはさぎ)並木(新潟市秋葉区HPへのリンク)がある通りを通らせてもらうことがあります。まっすぐの道の両脇に木が整然と植えられており、いつもこの人工物?がつくりだす風景に不思議な感覚を覚えながら走っています。はさ木自体はまだ使っているようで、稲わらがぶら下がっている時もあります。

新潟市 エアコン 気密処理_c0091593_16323642.jpg






by takakoun | 2017-10-28 13:51 | メンテナンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/28137895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新潟市 外壁塗装 建築士定期講習 >>