素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
新潟市 雨漏り続き

そこそこの雨が降った後、雨漏りの仮補修したお宅へ状況確認へ。雨染みはありますが、雨漏りは止まったらしく、木部は乾燥していたので一安心です。

新潟市 雨漏り続き_c0091593_17375682.jpg






雨漏りついでですが、これは移動中見かけたリフォーム工事現場の外観。買取再販物件のようです。

新潟市 雨漏り続き_c0091593_20415402.jpg


よく見ると、せっかく外壁を張り替えているのですが、通気層(通気胴縁)がないようです。
コストを優先していった結果なのでしょうか。

通気層がないといろいろな弊害が起こりますが、特に雨漏りリスクが格段にあがってしまうと思います。建物に瑕疵担保保険が付いていたとしても、中古の場合は5年ですから、その後、問題がおこってくる可能性のほうが大きいような気がします。

コスト優先、見た目優先、施工状況を見ることができない改修工事。
こういったことがのちのちの中古市場の足枷にならなければいいのですが。





by takakoun | 2018-05-26 20:46 | メンテナンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/29517249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新潟市 構造計算 新潟市 雨漏り >>