素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
新潟市秋葉区 解体開始 2重の防水シート

解体開始です。それほど古くなく断熱改修工事も含めて考えられてきましたが、最終的には取り壊すことに。家の寿命の要因のひとつに”思い入れ”ってありますよね。

外壁を剥がしてみると外壁の直下(接するように)に黒い防水紙(アスファルトフェルト)。

c0091593_14202670.jpg



そしてその防水紙を剥がすと通気層(胴縁)、透湿防水シート(白)といった構成。

c0091593_14202990.jpg外観が目まぐるしく変わります


雨漏りを嫌って2重にしたのかもしれないが、この構成だと外壁と防水紙が密着してしまうので、外壁の中(裏)に侵入した水が外壁と防水紙の間にずっと滞留してしまい、外壁そのものを痛める原因になるような気がします。まだ外壁通気工法が浸透していく過渡期だったのかもしれませんね。



解体前日に引越をお手伝い、そしてその翌日にひさしぶりの高熱をだしてしまいました。
今は良くなってます。ご迷惑をおかけしました。

c0091593_14203470.jpg








by takakoun | 2018-12-08 15:06 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/29888848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新潟市 解体中 壁体内気流 エアコン >>