素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
新潟市秋葉区 筋交 耐力壁

屋根の方が一区切りつき、雨が降っても大丈夫になったら今度は下へ降りていきます。

後からだと取り付けることができなくなる金物や筋交もあるので、そういう類の物を柱や梁に取り付けていってから、外壁にボードを貼っていきます。

c0091593_16124207.jpg


ボード(耐力面材)はモイス。

c0091593_16124333.jpg


なまっちろく軽そうに見えますが、1枚約30kgです。(自重でしなるくらい)
30kgといっても3m近い板状の物なので持ち辛く、さらに重く感じます。

c0091593_16124356.jpg


体勢の悪い足場の上で、時には1人で持ち上げなければならず、この工事でも腕の力というよりはやはり”腰”に負担がかかります。
統計をとったわけではないですが、大工さん、腰痛持ちが多いのではないでしょうか。



ボードが貼られてくると建物の輪郭がはっきりしてきます。

c0091593_16124307.jpg







by takakoun | 2019-06-01 17:48 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/30301311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新潟市 耐力面材 釘打ち 間仕切工事 >>