素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
エブリィ モーター交換

私が仕事で乗っているエブリィのエアコンの調子が悪く、ファンが動いたり動かなかったり。寒いぐらいならどうってことないが、ガラスの曇りがとれないと危ない。

ラジオに雑音が入るようになったのでモーターのブラシがだめになったと判断して、ブロアモーターを交換することに。

助手席のグローブボックスの下にあります。

エブリィ モーター交換_c0091593_14104143.jpg


純正品はなかなかの金額がしたので、社外品を探すと約1/5の金額で購入できました。

右が社外品。一見すると同じように見えますが、そのままでは取付できず、一部加工をしてから交換終了。

エブリィ モーター交換_c0091593_14104135.jpg


このエブリィ、約20万km走っています。

カーナビなどは市街地では30km/h程度で所要時間を計算しているみたいで、それを当てはめて計算すると 200,000km÷30km/h=6,667時間

気候の良いときなどはファンを動かしていないときもあるので実際はもっと少ない稼働時間で壊れたことになります。


対して住宅の換気設備、こちらも基本モーターとファンで動いている。
特に計画換気の換気扇は基本24時間回りっぱなし。

計算すると、24時間×365日=8,760時間と、1年でブロアモーターの生涯時間を超えています。稼働時間に対応したモーターを使っていると思うがけっこう過酷。


住宅を計画するとき、住まい手にも仕組みが理解できるようなシンプルな設計、メンテナンスしやすい機種の選択を心がけていますが、聞くと清掃をしていない人もいるので、もっと啓蒙も必要なのだろう。



ブロアモーターの方は、回転を上げると少し音がうるさくなったように感じますが、エンジンの音も静かというわけではないのでよしとします。





by takakoun | 2021-03-19 14:16 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/32049262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< シロアリの不思議 新潟市 屋根葺き替えリフォー... >>