素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
熱カメラの活用 水漏れ編

アパートのオーナーさんからアパートの一室の天井がカビているので見てほしい、との依頼があり行ってきました。

よくある結露によるカビじゃないのかなーと思いながら訪問して見てみると明らかに尋常ではない様子。

触ってみると少し湿っているような感じ。

熱カメラで濡れている場所を特定していきます。

下は動画です。






濡れている所は少し温度が低くなっているみたいで青く写ってよくわかりました。

画像をよく見ると壁にも水が伝っているようで青くなっています。

許可をもらって天井の一部を撤去。最初ドライバーで刺したのですが、すでに豆腐のようでした。

熱カメラの活用 水漏れ編_c0091593_14431680.jpg



天井に開いた穴に首を突っ込み、水漏れ箇所を発見。

原因が特定できて安心しました。びっくりな原因だったので後日書くかもしれません。




by takakoun | 2021-05-14 14:46 | メンテナンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/32135070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 窓を付ける場所を考え、窓の開き... ガルバリウム鋼板屋根の雨音は気... >>