素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
聖火リレー
今回は建築とは関係ない話です。

先週の土曜日、6月5日は木を使った市松模様が特徴的な隈研吾氏設計の長岡アオーレへ。
前回来たのがもう9年も前で、木もずいぶんと落ち着いた感じになってました。

聖火リレー_c0091593_11232657.jpg


ここはオリンピック聖火リレー、新潟二日目の出発地です。

娘も参加させていただきました。

聖火リレー_c0091593_11232653.jpg


大きくなるのはあっというまだなと走っている姿を見てしみじみ。

自分の娘からも含めいろいろな人からいろいろな事を学ばせていただいた気がします。
未来を紡いでいく。
そんな言葉を家造りと重ね合わせてしばらく考えていました。



これは東日本大震災の仮設住宅のアルミの廃材を使ったらしいトーチ。
アルミの成形や塗装、デザイン、すばらしいと思います。

聖火リレー_c0091593_11232514.jpg





by takakoun | 2021-06-07 11:47 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/32172358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新潟市南区の平屋 窓を付ける場所を考え、窓の開き... >>