素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
鋼板屋根塗装工事

今年の大雪で割れてしまった瓦の交換補修をした時に見つけた鋼板屋根の錆。


鋼板屋根塗装工事_c0091593_11123542.jpg



ご本人はこのまま穴が開くまでいくつもりのようでしたが、塗装をお勧めしました。
錆を落とし、塗装すればまだ持ちます。

これで約築35年。おそらくガルバリウムではなく、トタンだとは思いますが不明です。いずれにしてもメッキはもう無いので、これ以上持たせようと思ったら塗装は必須になります。

錆を落とし素地を確認、穴あきは無し。その上から錆止め塗装、仕上げ塗装をしていきます。


鋼板屋根塗装工事_c0091593_11123552.jpg


後10~15年持つとしたら合計で約50年。その後は家をあとどれだけ持たせたいか、でまた修繕方法を考えていけばいいと思います。



玄関傍らの、冬には葉っぱがまったく無かったヤマボウシ。

鋼板屋根塗装工事_c0091593_11225486.jpg


ほんの数か月でこの状態。逆に秋にはこの量すべてが落葉する。
落ち葉も錆に影響すると聞いていますが、実際どの程度なのでしょうか。






by takakoun | 2021-07-02 11:11 | メンテナンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/32209886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新潟市の夏の日射の当たり方の事... 新潟市南区の平屋 UA値計算 ... >>