素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
便器と便座の交換

ウォッシュレット便座(座るところ)の故障ということで訪問。
調べると製造中止により部品供給がストップしているので修理を断念、さらに便器(本体)一体型のために便器便座まるごと交換することに。
写真で見ると少しもったいない気もします。

便器と便座の交換_c0091593_08575418.jpg


以前もブログに書きましたが、これがあるから2010年頃からは新築でもセパレートタイプを理由を説明してお勧めするようにしている。
便座だけの交換であれば、器用な施主なら自身でも交換できるので安く済む。

一体型やタンクレスのトイレはすっきりして惹かれますけどね。


セパレートタイプへの交換完了。
記事を書いている時点(9月11日)ではコロナの影響による海外部品の調達の関係で出荷が滞っているようです。

便器と便座の交換_c0091593_08575460.jpg


あまり注視していなかったが、よく見ると変わった形の水たまり形状。
単体で流通している便座に合わせるための限られた形状の中での効率的な洗浄を考えたのだろうか。

便器と便座の交換_c0091593_08575341.jpg





by takakoun | 2021-09-11 09:18 | リフォーム | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/32301341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 天井張り替え工事 熱交換換気システムはお得か? >>