素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
新潟市南区 基礎工事 配筋

上部の構造を整理し、平屋のおかげもあって、基礎の形状、梁の通し方などをシンプルにまとめてます。

単純化していると、施工精度も上がり、施工ミスも減り、管理も行いやすい。

新潟市南区 基礎工事 配筋_c0091593_15080715.jpg

新潟市南区 基礎工事 配筋_c0091593_15080767.jpg


鉄筋を10本程度、修正して終了。

その後、瑕疵保険の鉄筋配筋の検査へ。
以前も検査していただいた建築士さんで、事前に送付してある図面を見て、あいかわらず断熱拘っているな、とUA値を尋ねてきました。





by takakoun | 2021-10-06 15:10 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/32330328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 作業場では木材加工を 遣り方工事開始 >>