素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
平屋でも垂直非難できるつくりに

大雨により被害に遭われた方がたにお見舞い申し上げます。
新潟でもかなりの雨が降りました。


よく地震と違って水害は予測できるから避難できる、と言われることがあるが、ひとたび道路が冠水してしまったらそう簡単に避難することはできないように思える。

よほどの覚悟を決めて避難を開始したとしても、道中考えると避難したほうが安全、とも限らない。(土砂災害は別として)

ここ数年、平屋というワードをよく耳にするようになった。

ここ(当ブログ内記事)でも触れましたが、よほど水害の心配がない立地以外は平家でも垂直避難できるようなつくりがいいのでは、と改めて感じています。


下はお盆休みを利用してボランティアに行った時の被害家屋の写真。
よく見ると建具の中間あたりまで水に浸かったのがわかる。

平屋でも垂直非難できるつくりに_c0091593_16531667.jpg


そういえば、古い家屋は敷地が広くとも2階建てが多いのはこういったことも考慮しているのかもしれない。




by takakoun | 2022-08-22 16:52 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/32714397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 和瓦の漆喰 夏に冬の話題 新潟でパッシブ設... >>