素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
屋根工事:ガルバリウム鋼板 リッジベンツ棟換気
 屋根工事です。


c0091593_2205134.jpgガルバリウム鋼板段葺きです。

長尺ものを使用しますので、屋根までクレーンであげました。


c0091593_2212764.jpgポイントは棟につく換気部材。

リッヂベンツです。


リッヂベンツとは、棟(屋根の頂上)から熱気、湿気などを抜く換気部材です。

空気が抜けるところが蜂の巣状になっていて、雨水の流入を妨げています。


c0091593_22493465.jpg商品にはってあるシール名称は、リッチベンツに見えますが・・


c0091593_2223038.jpgそして、屋根の断熱材の上部に通気層をとる部材がこれ。

名称は通気くんです。


ダンボールを加工しただけのものですが、透湿性があり、簡単に施工できる優れものです。

この中を空気が通って、最終的にリッヂベンツから排出されるわけです。


c0091593_223155.jpg工事終了。

一番頂上のでっぱりの中にリッヂベンツが納まっています。


段葺きのため、横葺きよりも厚みがあり、段々に見えて意匠性があります。


c0091593_2232273.jpgこれが通常の横葺きです。



高幸建築事務所

by takakoun | 2006-10-13 22:50 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/4723745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2階増築工事:ビフォアアフター バッテリー切れ >>