素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
簡便な住宅性能の判定
 主に住宅展示場に使える、ひとつの判定法です。

住宅展示場に行くと、どこのメーカーも高断熱高気密、高性能をうたっており、判断がつかないことがあります。

しかし、いったん展示場に入ると営業マンに、まくしたてられることが多いので、入る前に判定してみましょう。

  ※:個人住宅では個体差(エアコンがきらい等)があるので注意が必要です。


 まず、展示場に入る前に展示場の周り(外部)をぐるっと歩いてみます。

中には関係者じゃないと行きにくい箇所もあるかもしれませんが、見つかっても怒られることはまずありませんから、一回りしてみましょう。

暖房機はいろいろな種類がありますので、ここでは冷房機(エアコン)にしぼっていきます。

エアコンの室外機が何台あるか、数えてみましょう。

展示場は、通常、快適な空間を維持するための数のエアコンを装備しています。

規模にもよりますが、1~2台だったら、ひとまず、合格です。(エアコンの容量、マルチエアコン、業務用に注意。)

  ※:あとは、地域差も考慮してください。

by takakoun | 2006-11-16 22:27 | 住宅メーカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/4970029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 天井ではなく屋根面で断熱:断熱... バスルーム:システムバス設置 >>