素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
外断熱は全て高断熱高気密?
 外断熱(外張断熱)は全て高断熱高気密なのでしょうか?

ここでは、基本的に木造を対象とした場合について述べていきます。

外断熱を否定する気はまったくありません。念のため。ただ、多くの人と話し、外断熱という言葉に対して、イメージが先行したためか、いまだ誤解をしているのを感じます。

まず、外断熱という言葉をよく見てみましょう。

断熱となっています。そうです。これはあくまで、断熱材の位置が構造体を基準としてどの位置(外か内か)にあるのかを示しています。

もちろん、外断熱ならではのメリット、デメリットもありますが、ここでは表題についてのみ触れます。


 まずは断熱性について。

断熱性は、あくまでも断熱材の種類、厚みによって左右されることが大きくなってきます。

例えば、外断熱でよく使われる押出法ポリスチレンフォームを、外壁50mm、屋根50mm使い、概略でQ値を計算してみると、2.5W/㎡K前後くらいではないでしょうか?(もちろんプランに左右されます。)

比較対象にもよりますが、高断熱住宅の中においては、けっして高いレベルとは呼べない数字です。


 つぎに気密性について。

外断熱は、気密化するのが比較的手間がかかりにくいといわれているだけで、実際、充填断熱(内断熱)でも手間はかかりますが気密性は変わりありません。

C値にとって、大事なのは、あくまでも丁寧な施工と、実測した結果が全てになってきます。


 重要なのは、外断熱だからきっと快適になんだろうではなく、実際のQ値(各部位における断熱材の種類、厚みも)、C値がどのくらいなのか、それも、モデルプランではなくあなたの家でどうなのかを知ることが、満足のいく快適さになるかどうかにつながってきます。

by takakoun | 2007-03-27 22:27 | 高断熱高気密 | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : https://takakoun.exblog.jp/tb/5792169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 珪藻土ガイド at 2007-04-08 08:26
タイトル : 珪藻土ガイド
珪藻土に関する総合サイト。珪藻土とは、珪藻土の比較、珪藻土をネットで購入、珪藻土の通信販売、珪藻土リフォーム、東京・横浜・川崎の珪藻土業者を紹介します。... more
Tracked from ,外断熱は全て高断熱高気密 at 2008-01-03 01:21
タイトル : 外断熱のデメリット
外断熱のデメリットの情報です。... more
Commented by ペンキマン at 2007-03-29 18:29 x
以前「ガイアの夜明け」で、欧州では「外断熱工法において劣化した断熱材を貼りかえ、建物本体を長持ちさせている」とありましたが、それはメリットにならないのでしょうか?個人住宅でそこまでして住み続けるのかは疑問ですが。
Commented by takakoun at 2007-03-30 09:11
ペンキマンさん、おひさしぶりです。
そのTVは見ていませんが、
構造体が外部温度変化にさらされない、外部から補修可能、という大きく二つがあるのでしょうね。
外断熱もたくさんのメリットがあると思います。
個人住宅でも、外壁を貼り替えるついでに、”住みながら”断熱改修工事を行うなど可能です。
Commented by ペンキマン at 2007-04-01 19:02 x
賃貸目的の木造二階建てを建てる場合、どちらの断熱方法がよりメリットが多いのでしょうか?また外断熱工法では無く、充填断熱(内断熱)工法を採用されている最大の理由を教えて頂けないでしょうか?不躾な質問で申し訳ありません。
Commented by takakoun at 2007-04-01 22:27
コメントありがとうございます。難しい質問ですね。賃貸で収入をあげる場合だけに焦点を当てると、コストメリットがでる充填断熱のほうがいいかもしれません。また、ブログ上では充填断熱がほとんどですが、充填断熱だけを採用しているわけではなく、あくまでも性能重視、かつ、その家にとってどちらがメリットあるかで選んでいくつもりです。
<< アンラッキー 外部補修 >>