素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
カテゴリ:工事進行中( 190 )

登り梁 水平構面

登り梁に直接合板を貼っていき、建物の水平面を固めていきます。


2重に貼るので大量の合板を屋根に載せ、

c0091593_14345607.jpg


貼っていきますが、なかなか減りません。

c0091593_14345687.jpg


登り梁に直接合板を貼る場合、合板の継目には柱と同じ幅がある梁が下に来るので、釘の施工、管理が非常に楽になります。

通常、屋根合板の継目は幅の狭い垂木(4.5cm)が来ます。垂木と合板の位置がずれてくると、釘を打ち損じたり、合板と釘の縁あき距離がとれなかったりします。その上時間を置かずに防水シートを上に被せ、見えなくなってしまうのでチェックも慌ただしくなります。



多めにとった縁空き距離。合板に打たれた墨の位置は垂木の端。下が梁ではなく垂木だと釘を打ち損じていることになります。

c0091593_14345684.jpg



筋交や耐力面材などの鉛直構面は構造的に重要だとピンとくるようですが、この屋根構面(水平構面)に関しては、重要な構造材、というよりもただの屋根の下地材、としてまだまだ多くの大工さんが認識している気がします。





by takakoun | 2019-04-14 15:23 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
祝上棟 建て方ダイジェスト

建て方工事のダイジェストです。

完成した基礎の上に土台を敷いたり、材料を運搬したり。(これは別日)

c0091593_14373592.jpg


準備が整ったら1階柱からスタート。

c0091593_14373511.jpg


次に2階の桁、梁をクレーンを使って架けていきます。

c0091593_14373517.jpg


金物を取り付けたり、

c0091593_14373508.jpg


2階床の合板を敷き込んだら、

c0091593_14373504.jpg


2階の柱、

c0091593_15074437.jpg


小屋組みの桁、

c0091593_14373540.jpg


そして最後の大詰め、小屋組みの梁を架けていきます。

c0091593_14373686.jpg


きれいに組みあがった2階屋根部分の構造材。いつもは和小屋が多いのですが、今回は登り梁で設計しています。

c0091593_14373647.jpg


組み上げた構造材の全景。1日で無事にここまで組めました。そうとう体に疲労がたまりますが、組みあがった安堵感で満たされます。(プラス、明日もハードだけど体が持つかなぁと考えていたりします。)

c0091593_14373670.jpg


実際の建て方工事は真冬(2月)に行いましたが、今年は雪もなく、天候に恵まれ、これほどスムーズにいくとは思いませんでした。関わって頂いた方みんなに感謝しなければ。




by takakoun | 2019-04-06 17:36 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
建て方(上棟)前準備

基礎工事が完成した後でも、建て方工事(構造材を組み上げる工事)の前に、いろいろな工事・作業が残っています。

基礎断熱材の隙間に防蟻用のコーキングで隙間を埋めたり、

c0091593_17102949.jpg


排水工事を先行して行ったり、

c0091593_17193770.jpg


基礎の上にシロアリ侵入防止用のテープを貼ったり、

c0091593_17095054.jpg


基礎断熱材に左官仕上げを行ったり、

c0091593_17172189.jpg


と目立たないかもしれませんが様々な工事、職人さんがかかわっていきます。






by takakoun | 2019-03-24 17:38 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
木材加工 花粉症スタート

基礎工事を行っている間に作業場では、プレカットでは対応しづらい構造材や垂木などを大工さんに加工してもらいます。

c0091593_20160347.jpg


ところで、今年は暖冬傾向だったせいか、花粉症の症状が例年よりも早く来ています。
去年は3月中旬、今年は2月末ぐらいですから半月程度も早いことになりますが、その分早く終わるのでしょうか?

花粉症の鼻水は水みたいで、油断していると、つーときます。なのでしょっちゅう鼻をかまなければいけないのですが、両手で作業していることも多いのでいつもタイミング良くとはいきません。鼻水の指摘をしてくれる人もいますが、本人も重々わかっているのでわざわざ教えてくれなくても大丈夫です。

今年はいつも以上につらいので(毎年言っているような気がしますが)、病院にいって薬をもらってきました。これで緩和できるといいのですが。

c0091593_20161332.jpg







by takakoun | 2019-03-17 20:40 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
基礎工事 アンカーボルト

鉄筋配筋が終わり、型枠を施工する段階になると、アンカーボルトの位置や高さ、鉄筋のかぶり厚などをチェックしていきます。

c0091593_15380643.jpg


3桁近くの数のアンカーボルトを現場でセットしていきますので、ミスがあるものだと思って全数確認を心がけています。

c0091593_15381711.jpg


基礎屋さんからシビア、と言われましたががんばってください。






by takakoun | 2019-03-03 15:58 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
基礎工事 捨コン

今年は雪が降らなくて助かるなぁと思っていましたが、さらっと降られました。

c0091593_17110840.jpg


でも去年と比べたら雲泥の差です。こんなでしたから毎日のように雪かきをしたような気がします。
今年はこのまま雪が降らないといいのですが・・・

その後防湿シートを敷いて、

c0091593_17111113.jpg


捨てコンクリートを打ちます。地業も平らなので捨コンも平らです。

c0091593_17111465.jpg








by takakoun | 2019-02-01 16:46 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
平らな地業

地盤改良が終わると基礎工事が始まります。
今回はフラットな地業なので施工しやすい、はず。(深基礎があるので7割ほどですが)

c0091593_17543822.jpg


糸を張っての高さ確認。

c0091593_17542910.jpg


基礎工事が本格的に始まるこの段階で、地鎮祭のときに神主さんから頂いた鎮物(御札)を忘れずに埋めます。

c0091593_17542453.jpg








by takakoun | 2019-01-27 10:19 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
地盤改良工事

地盤調査を行った後、地盤改良方法、改良体の長さ、本数、位置の設計を行って施工準備します。

今回は、土地表面がぬかるんでおり、重機が安定した状態での乗り入れが困難だったので、まずは表層の改良を先行して行いました。結構掘り返しています。

※音に注意してください。




その後、改良工事スタート。今回は掘削距離9mとなかなかの深さまで改良しました。






by takakoun | 2019-01-12 17:53 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
地盤調査

土地が更地になった後、建物が建つ予定の位置で地盤調査を行います。

※音に注意してください。






年内の仕事はこれで終了です。(実際はもう少し進んでますが)

来年もよろしくお願い致します。





by takakoun | 2018-12-30 22:57 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
解体終了 地鎮祭

解体も重機が入ってくるとテンポアップします。

c0091593_14072257.jpg

重機が動いているのを見るのは好きです。ロボットのように動く重機を見ていると子供の頃に戻ったようなわくわくする感覚。まるで手足の様にうまいこと操るなぁといつも感心します。


きれいに解体終了。

c0091593_14071669.jpg


その数日後に地鎮祭。
地盤がぬかるんでおり、神主さんが長靴だとしまらなそうなので合板を準備して開催。

なんとか天気も持って無事終了。おめでとうございます。

c0091593_14073039.jpg









by takakoun | 2018-12-24 14:07 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)