素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
カテゴリ:自然素材( 58 )

新潟市 ヒノキ無垢フローリング 

床の仕上にサンダーをかけていきます。
全てなくなるわけではありませんが、こうすることにより表面の小キズや荒れ、目違いなどが減ってきます。
フローリングはヒノキの無垢材。

c0091593_1651083.jpg


現場をご覧になりたい方はこちらをご覧下さい。

by takakoun | 2017-03-21 16:18 | 自然素材 | Trackback | Comments(0)
新潟市 窓枠

杉の窓枠材。

c0091593_16375520.jpg

サッシを外壁側に取り付けると、外壁の断熱厚が通常よりもぶ厚いため、枠の幅が広くなり、出窓みたいになってます。

現場をご覧になりたい方はこちらをご覧下さい。

by takakoun | 2017-03-14 18:48 | 自然素材 | Trackback | Comments(0)
新潟市 無垢 ヒノキ フローリング

フローリングは最近定番となりつつある、ヒノキの無垢板です。

c0091593_14503036.jpg


もちろん製材はされているのですが、一枚一枚微妙に異なっているので、手間はかかりますが物によっては加工調整してから施工していきます。

c0091593_14503248.jpg


合板フローリングと異なり、全部貼り終えるまで結構時間を要しますが、触感と質感は手間をかけただけあります。

by takakoun | 2017-02-12 21:50 | 自然素材 | Trackback | Comments(0)
新潟市 枠材 杉

栃木の方から窓枠、建具枠に使う杉材を取り寄せました。
表面が粗い状態のまま作業場に搬入し、カンナ等で加工してから建築現場に持ち込みます。
c0091593_10112425.jpg


加工後。手で触らないと分かりませんが、表面が滑らかになっています。引戸に使う建具枠は溝も彫ってあります。
c0091593_10113146.jpg


by takakoun | 2016-12-04 16:50 | 自然素材 | Trackback | Comments(0)
新潟市 フローリング 桧 ヒノキ

このところ連続で床板はヒノキの無垢フローリングです。

コストを落とすために継目は多くなりますが短尺物(2m)を使ってます。
同じくコストを落とすために節無グレードではない物を取り寄せてますが、今回も気になる節がほとんどありませんでした。

c0091593_15481931.jpg


by takakoun | 2015-10-24 18:48 | 自然素材 | Trackback | Comments(0)
新潟市 杉 枠材

今回も杉板を取り寄せて窓枠材、建具枠材として加工(カンナ掛け、溝掘り)してから、取付施工をしていきます。
c0091593_1573243.jpg

窓枠
c0091593_1572144.jpg

3本引きの和室建具枠
c0091593_1572585.jpg


by takakoun | 2015-09-05 16:59 | 自然素材 | Trackback | Comments(0)
新潟市 枠造作

窓枠や建具枠などは杉無垢材を使いました。

長野から荒木(ラフカットされた木材)を取り寄せ、カンナをかけて表面を仕上げてから加工していきます。
c0091593_15454588.jpg


建具枠として取り付けるとこんな感じになります。
板目になるのですが、柾目とはまた違った良さがありますね。
c0091593_15455556.jpg


by takakoun | 2015-02-28 15:51 | 自然素材 | Trackback | Comments(0)
新潟市 フローリング施工 ヒノキ

内部床板は無垢ひのき板。

無垢板のため、バラツキに応じて貼る場所を検討するのに、一旦、梱包をすべて解いてみます。
c0091593_1628776.jpg

グレードとしては、一応節なしではないのですが、さほど気になる節もなく。短尺になり、縦方向に継目が多くなりますが、ヒノキにしてはさほどコストもかからないので標準仕様化も考えようかと思っています。
c0091593_16284521.jpg


by takakoun | 2015-02-21 16:37 | 自然素材 | Trackback | Comments(0)
木格子 自然塗料プラネットカラー

これは外部の格子に使う杉の木材。最初、表面がざらざらで寸法もバラバラな荒木で来ましたがカンナを掛けて製材した後になりますので形が整ってます。
c0091593_17352725.jpg


細かい所や裏側の塗装は現場では難しいので、作業場で予め着色していきます。
使った塗料は100%自然塗料のプラネットカラー。
c0091593_17352923.jpg

一本一本塗って乾かし、また塗っていきます。
着色するといっても、一本一本表情が異なるのが塗装をしていてもよくわかります。
ここが木材に似せた既製品と違っていいところですね。

プラネットカラーを使った事がある人ならわかると思いますが、塗料が粘っこく、均一に伸ばすのに相当力が必要になってきます。オスモカラーに近い感じでしょうか。冬ということで気温も低いこともあり、のびないのびない。

最終的に60本近く塗って終了。
これだけ量があると塗装作業とはいえ手と腕がぱんぱんになり筋肉痛です。
c0091593_17353253.jpg


by takakoun | 2014-02-22 17:42 | 自然素材 | Trackback | Comments(0)
無垢材 フローリング

関東の方は雪がすごいみたいですね。心配です。
今年度の新潟市の雪、今日は降り続けましたが、今の所少なくて助かっています。

話変わって現場の方です。
1階床板材は桧の無垢材。節無材のためちょっとお高め。
合板と違って一枚一枚貼らなくてはいけないので時間がかかってしまいます。
c0091593_16395736.jpg


同じく2階もヒノキの無垢材。こちらは節有のため通常のフローリングと同程度でリーズナブル。ただし、こちらは節のバラつきを考えて貼るので、さらにその分時間と手間はかかってしまいます。
c0091593_1640785.jpg


これらのヒノキ材、木材利用ポイントの影響なのか、品不足みたいで必要数を手配するのに手間取りました。このお宅も地域材を活用することで、木材利用ポイントをマックスの60万ポイント申請予定。(予定です。)

そういえば制度の良しあしは別として、木材利用ポイントの対象樹種にベイマツが追加されたようですね。

by takakoun | 2014-02-15 17:16 | 自然素材 | Trackback | Comments(0)