素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今の家はみんな高断熱?

家の断熱性の話をしている時、「そうは言っても今の家はみんな高断熱なんじゃないの?」と聞かれることがあります。(特にご年配の方が多かったように思います。)

私自身、巷の建築現場を傍らから見たり、うわさを聞いたりして、建物の断熱性能をある程度は想像することはできますが、その程度です。

実際、どうなのでしょう。国交省が建設業者から取得した、実際に建てた住宅の省エネ性に関するアンケート結果があります。平成27年度ですからそれほど古いものではありません。

c0091593_14255951.jpg

この表の小規模(300m2未満)戸建欄を見ると、省エネ基準適合率は53%になっています。

基準は現行の省エネ基準(けっして高い基準ではありません。)ですが、それでも約半分の家がその省エネ基準さえ到達していなかったことになります。

このアンケート結果を見る限り、今の家はみんな高断熱なんじゃないの?という過信はしないで、どんな性能の家なのかはきちんと断熱性能(U値)、気密性能(C値)などの数字を確認し、できれば施工状況を確認したほうがよい、と思います。

ちなみにこの国交省のアンケート結果の原本はここにあります。








by takakoun | 2018-01-29 17:38 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
新潟市 大雪

前回の記事で雪が無い、なんて書いていたら、先日、大雪になってしまいました。

積雪の少ない新潟市中心部に80cmを超える雪が降り、全国ニュースにも取り上げられましたので知っている方も多いと思います。新潟市は普段それほど多く積もらないので、ここまで一気に降ると交通網を中心にダメージが大きいですね。
いまは落ち着きつつありますが・・

そしてつい先日の朝方、これまたかなり冷え込み、鳥屋野潟が凍っているのを初めて見ました。運転中だったのでその時の写真は撮れていませんが、凍っていない部分にカモがぎっしり集まっていたのが印象的でした。

c0091593_15482064.jpg
写真はその日の夕方近くです。




by takakoun | 2018-01-16 16:25 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
書籍プレゼント

今年もよろしくお願い致します。
新潟市内は今のところ雪も無く助かっております。

お年玉企画というわけではないのですが、書籍のプレゼントを行います。
書籍は新住協が発刊した「快適で省エネ 高断熱住宅(新築編)」になります。

内容は、高断熱住宅の仕組みや、高断熱住宅の暮らしと今までの暮らしはどう違うのか、などをまんがでわかりやすく説明した本です。東京で計画された事例を元にしているので、新潟とは気候条件が異なる記述がある事に留意して読む必要あります。これから家づくりをご計画しようという初学者でも読みやすいと思います。

こちらのページをご覧になってご応募ご連絡お願い致します。
なお、7日、8日は休日になるので、ご連絡は1月9日以降にお願い致します。


c0091593_11440892.jpg





by takakoun | 2018-01-06 12:50 | お知らせ | Trackback | Comments(0)