素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
<   2019年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新潟市秋葉区 屋根断熱1層目 屋根外断熱

垂木の施工が終わったら垂木の高さを利用して断熱材を充填していきます。
これが屋根断熱の一層目。(最終的に3層)

新潟市秋葉区 屋根断熱1層目 屋根外断熱_c0091593_16272351.jpg

新潟市秋葉区 屋根断熱1層目 屋根外断熱_c0091593_16272323.jpg



断熱材の充填が完了。でも一息つけません。

新潟市秋葉区 屋根断熱1層目 屋根外断熱_c0091593_16272386.jpg



続いて断熱材の防風層と防水層を兼ねた透湿防水シートを張っていきます。これが終わると多少の雨でもとりあえずは濡れないので精神的にずいぶんと楽になります。

新潟市秋葉区 屋根断熱1層目 屋根外断熱_c0091593_16272444.jpg







by takakoun | 2019-04-27 16:48 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
新潟市秋葉区 屋根垂木

合板の留め付けが終わったら、その上に屋根垂木を並べていきます。前回記事の合板上の墨はこのための物。

新潟市秋葉区 屋根垂木_c0091593_10560912.jpg



まだ下屋の分が残ってますがいい所まできました。
垂木の影でもわかるように真冬(実際は2月)なのに日射がきつく顔が真っ黒に。

新潟市秋葉区 屋根垂木_c0091593_10492959.jpg



下から見上げた屋根垂木。まだ切断前(軒先をそろえるため、長めに施工してからあとで切断する予定。)なので、長く伸びてます。

新潟市秋葉区 屋根垂木_c0091593_10492922.jpg






by takakoun | 2019-04-21 11:18 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
登り梁 水平構面

登り梁に直接合板を貼っていき、建物の水平面を固めていきます。


2重に貼るので大量の合板を屋根に載せ、

登り梁 水平構面_c0091593_14345607.jpg


貼っていきますが、なかなか減りません。

登り梁 水平構面_c0091593_14345687.jpg


登り梁に直接合板を貼る場合、合板の継目には柱と同じ幅がある梁が下に来るので、釘の施工、管理が非常に楽になります。

通常、屋根合板の継目は幅の狭い垂木(4.5cm)が来ます。垂木と合板の位置がずれてくると、釘を打ち損じたり、合板と釘の縁あき距離がとれなかったりします。その上時間を置かずに防水シートを上に被せ、見えなくなってしまうのでチェックも慌ただしくなります。



多めにとった縁空き距離。合板に打たれた墨の位置は垂木の端。下が梁ではなく垂木だと釘を打ち損じていることになります。

登り梁 水平構面_c0091593_14345684.jpg



筋交や耐力面材などの鉛直構面は構造的に重要だとピンとくるようですが、この屋根構面(水平構面)に関しては、重要な構造材、というよりもただの屋根の下地材、としてまだまだ多くの大工さんが認識している気がします。





by takakoun | 2019-04-14 15:23 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
祝上棟 建て方ダイジェスト

建て方工事のダイジェストです。

完成した基礎の上に土台を敷いたり、材料を運搬したり。(これは別日)

祝上棟 建て方ダイジェスト_c0091593_14373592.jpg


準備が整ったら1階柱からスタート。

祝上棟 建て方ダイジェスト_c0091593_14373511.jpg


次に2階の桁、梁をクレーンを使って架けていきます。

祝上棟 建て方ダイジェスト_c0091593_14373517.jpg


金物を取り付けたり、

祝上棟 建て方ダイジェスト_c0091593_14373508.jpg


2階床の合板を敷き込んだら、

祝上棟 建て方ダイジェスト_c0091593_14373504.jpg


2階の柱、

祝上棟 建て方ダイジェスト_c0091593_15074437.jpg


小屋組みの桁、

祝上棟 建て方ダイジェスト_c0091593_14373540.jpg


そして最後の大詰め、小屋組みの梁を架けていきます。

祝上棟 建て方ダイジェスト_c0091593_14373686.jpg


きれいに組みあがった2階屋根部分の構造材。いつもは和小屋が多いのですが、今回は登り梁で設計しています。

祝上棟 建て方ダイジェスト_c0091593_14373647.jpg


組み上げた構造材の全景。1日で無事にここまで組めました。そうとう体に疲労がたまりますが、組みあがった安堵感で満たされます。(プラス、明日もハードだけど体が持つかなぁと考えていたりします。)

祝上棟 建て方ダイジェスト_c0091593_14373670.jpg


実際の建て方工事は真冬(2月)に行いましたが、今年は雪もなく、天候に恵まれ、これほどスムーズにいくとは思いませんでした。関わって頂いた方みんなに感謝しなければ。




by takakoun | 2019-04-06 17:36 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)