素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
暖炉:モルソー(MORSO)
 まだ暑い時期なのに暖炉の話は恐縮だが、事務所改装のついでに暖炉(薪ストーブ)置場を作りました。

暖炉:モルソー(MORSO)_c0091593_2222689.jpg


積層用のベルギーレンガを使いましたが、モルタルを塗るとき、モルタル自体の水分をすぐに吸ってしまい、積み上げるのは大変でしたが、レンガは耐火性があり、見た目もよく、そして蓄熱体になるので冬に期待してます。


 暖炉自身は10年以上も前から使っている、デンマーク製のMORSO(モルソー)1440です。アンデルセンストーブとも呼ばれています。

最近のモルソー1440は、横にリスのリーフレットがあって、とてもかわいらしいデザインですが、うちのは、縦のリブ柄です。

このモルソーという会社、調べると1850年頃からあるみたいですね。

大きさは小さいタイプなのですが、重量は100kg近くあり、持ちにくいため(鉄が手に食い込む)、大人4人で運びました。


 いざ、設置してみると、前面のガラスにすすが付着していて、後ろのレンガに見劣りします。

きれいにしようと洗剤でこするのですが、ぜんぜん落ちません。

火をたくとすすが燃焼してきれいになるのですが、それはまだまだ先の話です。

そこでどうしようかと思って調べると、どうやらアンモニア水で落ちる模様。

暖炉:モルソー(MORSO)_c0091593_22211124.jpg←さっそく薬局にいって買ってきました。

虫刺され用ですが、それしかありませんでした。


 試しに使ってみると、本当にきれいにすすが取れていきます。しかし、とにかく鼻を刺すような強烈な臭いのため、ほどほどで断念。

暖炉:モルソー(MORSO)_c0091593_222511100.jpg←でも上の写真と比べると、中の灰が見えるほど違っています。


この暖炉、初期費用はかかりますが、光熱費は0ですみます。(作業場から、薪たくさんでます。)

外気導入タイプもあるため、高気密な住宅でも取り付けることは可能です。

ただし、暖炉は毎年のメンテナンスや、薪をくべる手間があるため、時間的余裕のある人、スローライフを目指す人におすすめです。


高幸建築事務所

# by takakoun | 2006-08-29 22:52 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
浴室改装工事:既存浴室解体
 古いタイル張りの浴室を、ユニットバスにする改装工事を依頼されました。

既存の浴室はコンクリートでがっちりかためられた物で、壊すのも大変です。

重機も入れられない場所のため、ハンマー等を振り下ろし、少しずつ壊していきます。

浴室改装工事:既存浴室解体_c0091593_22513275.jpg←壊している途中です。


浴槽を取り出すために、浴室廻りのコンクリートを壊すと、ステンレス浴槽のまわりにくっついているウレタン断熱材が見えてきました。

浴室改装工事:既存浴室解体_c0091593_2256095.jpg


写真ではわかりにくいかも知れませんが、ウレタンがシロアリに食べられています。(もちろん土台まわりもやられてました。)

話には聞いたことがありますが、実際に見たのは初めてです。



高幸建築事務所

# by takakoun | 2006-08-28 23:06 | リフォーム | Trackback | Comments(0)
デザイン事務所の方と打ち合わせ
 先日、東京のデザイン事務所の方と打ち合わせを行った。

さすがに、名詞、ファックス等々、こまかいところが洒落た人だった。

かといって嫌味はぜんぜんない。

ファックスの最後に La・Vi Salute Cordialmente! とあるが、スペイン語?かな

どんな意味なのだろう。




おまけ。

下の写真を良く見ると・・・・

デザイン事務所の方と打ち合わせ_c0091593_16184234.jpg


 事務所の近くの畑ですが、カラス対策?のためにマネキンの首だけを使って威嚇しています。

夜、車のライトで浮かび上がると、本気で怖いです。

# by takakoun | 2006-08-26 16:23 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
幼稚園で花火
 今日は、幼稚園の娘のお祭り?のお手伝いで、夜、花火に火をつける係りだった。

風向きがこっち側で頭に火の粉落ちてきてあつかった:::

熱さ感じるってことは、頭うすくなってきている?


高幸建築事務所

# by takakoun | 2006-08-24 23:40 | 雑談 | Trackback | Comments(0)
地域の違い:東京新潟
 ずっと東京で働き、新潟にきて、一番印象深い事。

お客様の家に訪れるため、ある細い坂を歩いていたら、突然、道に面する庭から声がかかった。

「ちょっと手伝ってー」

何かと思って庭に入っていくと、おばあちゃんが庭の木の枝をのこぎりで切ろうとして力つきていた。

「ちょっと切ってくんない?」

もちろん、まったく知らない人である。

大変そうだなぁと思いつつ、いわれるがまま、枝をきってあげた。

すると、おばあちゃん。家のなかにひっこんでなにかもってきた。

「はい、これ」

手にはオロナミンCがあった。もらってうれしいというよりは、そのほのぼのしてる感じがとても気持ちがよかった。

と、同時に心配になる。

新潟の人は東京にいる人より確実に警戒心が薄いと感じる。

お客様の家にいっても留守なのに玄関の鍵がかかってないということも、けっこうある。東京では考えられないことだ。

ぜひ、人間を信じてる人がだまされない世の中になるように。


高幸建築事務所

# by takakoun | 2006-08-23 23:57 | 雑談 | Trackback | Comments(0)