素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
新潟市南区の平屋 屋根断熱の施工風景
屋根付加断熱の室内側(下側)に屋根断熱を充填していきます。
屋根断熱は小屋裏空間をロフトなどの室内空間として使えるメリットがあります。

新潟市南区の平屋 屋根断熱の施工風景_c0091593_20000807.jpg

屋根断熱の施工風景動画です。





# by takakoun | 2022-01-16 19:59 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
新潟市南区の平屋 屋根付加断熱の施工風景

最近多く採用されている屋根の断熱方法です。
登り梁の上に壁同様、付加断熱(外断熱)を施工しています。
天候を見極めるのがかなりシビアで手間のかかる施工方法になります。

新潟市南区の平屋 屋根付加断熱の施工風景_c0091593_15094165.jpg

屋根付加断熱作業風景動画です。





# by takakoun | 2021-12-26 15:16 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
新潟市南区の平屋上棟しました

ウッドショックの影響でなかなか段取り通りにはいきませんでしたが、新潟市南区の平屋、上棟しました。

新潟市南区の平屋上棟しました_c0091593_16350283.jpg

上棟風景の動画です。(ビデオ自体はほとんど撮る暇がありませんでしたが148.png







# by takakoun | 2021-11-14 16:37 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
作業場では木材加工を

基礎工事を行っている間に、作業場で木材の加工を進めます。

基本的な構造体はプレカットになるので、構造体の一部、羽柄材、造作材、断熱材など。

作業場での木材加工風景動画





# by takakoun | 2021-10-14 17:04 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)
新潟市南区 基礎工事 配筋

上部の構造を整理し、平屋のおかげもあって、基礎の形状、梁の通し方などをシンプルにまとめてます。

単純化していると、施工精度も上がり、施工ミスも減り、管理も行いやすい。

新潟市南区 基礎工事 配筋_c0091593_15080715.jpg

新潟市南区 基礎工事 配筋_c0091593_15080767.jpg


鉄筋を10本程度、修正して終了。

その後、瑕疵保険の鉄筋配筋の検査へ。
以前も検査していただいた建築士さんで、事前に送付してある図面を見て、あいかわらず断熱拘っているな、とUA値を尋ねてきました。





# by takakoun | 2021-10-06 15:10 | 工事進行中 | Trackback | Comments(0)