素材と断熱に拘った省エネ住宅を造る工務店ブログ
タグ:新潟市中央区京王の家 ( 49 ) タグの人気記事

新潟市 スウェーデンドア 調整

玄関ドア周辺の漏気が気になるとのことで調整に行ってきました。

このお宅で取り付けた木製玄関ドアのスウェーデンドアは3次元蝶番なるものが装備されており、コンマ数ミリ単位で前後、左右、上下と調整することができます。とはいっても閉まり具合との兼ね合いがあるので、一筋縄ではいかず、トライ&エラーを繰り返して気にならない程度まで調整完了です。

新潟市 スウェーデンドア 調整_c0091593_14512745.jpg



ついでに床下エアコンを使っている室内の状況を見させて頂きました。

まず、これはいいアイデアだと思ったのが、温度計。別の場所に置いたワイヤレス子機の温度も親機で確認できる仕組みで、子機は床下で、エアコンからは遠い位置に設置していらっしゃいました。温度計の上の表示が室内で約23℃、下の表示は床下で約26℃です。この温度計は湿度も計れるので、湿度が高い時期の床下のカビ対策にもなりそうです。

新潟市 スウェーデンドア 調整_c0091593_14512274.jpg



リビングの床を熱カメラで見てみます。おそらくカメラの温度表示は若干高めの数値だと思うのですが床面で27.4℃、カーテン無しの窓ガラスで25.5℃。ガラスは真空トリプルガラス。数値の誤差を割り引いてもいい状態だと思います。

新潟市 スウェーデンドア 調整_c0091593_14511184.jpg



窓に近づいて見ると、温風吹き出しガラリが途切れている箇所で若干、冷気が床面に食い込んできているので、ガラリがサッシのコールドドラフトを防ぐ働きをしているのがわかります。樹脂サッシの枠周辺の温度がやはり一番低く、20.7℃。

新潟市 スウェーデンドア 調整_c0091593_14511558.jpg



お施主様に感想をお聞きしたところ、とにかく空気がきれいなのを感じる、とおっしゃっていました。おそらく気密性能がすこぶる高いためにきちんと換気が機能しているのだと思います。








by takakoun | 2017-12-09 16:20 | メンテナンス | Trackback | Comments(0)
新潟市 熱画像その4

こちらは冷気が下へ行くのと逆の熱画像です。(参考記事

新潟市 熱画像その4_c0091593_15543765.jpg

これは吹き抜けの上部に設けた、冷房がメイン&暖房の補助用に設けたエアコン。
家の温まり方を確認する為ではなく、エアコンが作動するかどうかの試験運転を少し行い、止めた直後に写しました。

エアコンから立ち上っている暖気がよくわかります。よく見ると壁も上部の方が温度が高くなっています。(他の青い色の壁が冷たいというわけではありません。)

エアコンの暖気の向き(エアコン標準設定だと下向き)もよくわかります。2階の温度を上げる目的で運転する場合は羽の向きを上の方へ調整した方が良いと思います。






by takakoun | 2017-06-24 17:24 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
新潟市 熱画像その3

気密測定の記事で取り上げた、引き違いサッシの気密が弱い部分(召し合わせ部)を熱カメラで撮るとこんな感じです。

新潟市 熱画像その3_c0091593_15330375.jpg


召し合わせ部分からの漏気がわかると思います(真ん中あたりのスポット1)。コストはかかりますが最近発売されたスライディング窓だとこの部分の漏気が減りそうな気がします。

また、ガラス面(トリプルガラス)は温度低下が少ないのに比べ、枠(樹脂)の方が幾分か弱いのもわかります。この部分が普及しているアルミ樹脂の枠になると、これより2倍程度も熱を通してしまうのでさらに温度が下がってくるはずです。






by takakoun | 2017-06-17 11:36 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
新潟市 熱画像その2

給気口を熱カメラで写した写真。
新潟市 熱画像その2_c0091593_13495130.jpg

きちんと外気が給気されている様子が確認できます。

この給気口は、上部の方から給気できるようにカバーを調節できるので、外気が直接下の方へ行くのを緩和できるタイプです。それでも横からの出てくる外気の進む方向を見ると、冷たい空気は下の方に行く性質がよくわかると思います。






by takakoun | 2017-06-09 19:01 | 換気 | Trackback | Comments(0)
新潟市 暖房時の熱画像 その1

床下エアコン稼働時の床下の温度状況です。(撮影時は3月16日、前回の記事と同日です。)
新潟市 暖房時の熱画像 その1_c0091593_13173347.jpg

床面のすぐ裏側で約29度です(写真上部、スポット1)。割と均等に温められているのがわかると思います。このとき床の表側(フローリング側)で約24度。

エアコンの暖気が当たっているいるコンクリートスラブは約31度(写真右下、スポット2)。多少離れた所で25度(写真左下、スポット3)。コンクリートの温度はコンクリート自身の熱容量が大きいので、エアコンの稼働時間が長くなったり、2年目になってくれば違ってくるとは思います。(写真は試験運転数日後)


※上の画像とはリンクしませんが床下はこんな空間です。
新潟市 暖房時の熱画像 その1_c0091593_13360286.jpg





by takakoun | 2017-06-02 16:55 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
新潟市 床下エアコン 床下暖房 床面温度

床下エアコン暖房が室内の快適性に影響を与える一番の要因は床の輻射熱。
床暖房ほど高い温度ではありませんが、室内温度よりプラス数度、高くすることができるので快適度をあげることができます。

※外気温5~6度の時の撮影です。

リビングの床面温度約24度。室内19.5度。
新潟市 床下エアコン 床下暖房 床面温度_c0091593_15484362.jpg
新潟市 床下エアコン 床下暖房 床面温度_c0091593_15461175.jpg


リビングを熱画像で見てみると、床面温度はほぼ均等になっているのがわかります。壁面は冷えたように見えますが室内と同等程度。エアコンが稼働しているのもわかります。
新潟市 床下エアコン 床下暖房 床面温度_c0091593_15455825.jpg


少し離れたユニットバスの床面温度約23度。この床もあえて断熱材付にしていません。
新潟市 床下エアコン 床下暖房 床面温度_c0091593_15461966.jpg






by takakoun | 2017-05-26 17:36 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
新潟市 暖房吹き出し口温度

床下エアコンの吹き出し口からは、ガスや石油のファンヒーターのような高い温度、強い風量ではなく、手をかざせば感じる程度の低めの温度でゆるい風がきます。高性能な躯体であれば、特別"暖房"を意識しなくてもよい空間がつくれます。

吹き出し口からの暖気はわかりづらいですが、熱カメラを使うと見えてきます。
※温度測定は3月11日外気温5~6度程度の時です。

収納下のスリット。吹き出し口の温度約25度。画像では壁が冷たく見えますが21.8度。床は22.3度。室内温度は約19度。
新潟市 暖房吹き出し口温度_c0091593_16462249.jpg

トイレのガラリの吹き出し口温度約27度。床面温度約23度。
新潟市 暖房吹き出し口温度_c0091593_16462742.jpg

玄関のスリットの吹き出し口温度26.5度。床面温度22.7度、玄関タイルは床面より高い24度。
新潟市 暖房吹き出し口温度_c0091593_16463019.jpg

吹き出し口温度が異なっているのは、熱画像を撮影した前日に床下エアコンの試運転を始めたばかりで、床下空間の温度がまだ均一になっていないからだと思います。




by takakoun | 2017-05-20 11:05 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
新潟市 換気風量測定

24時間換気の換気風量も実測していきます。
新潟市 換気風量測定_c0091593_10155985.jpg


各排気口からの排気量を風量測定器で測定。
事前に計算した換気風量よりも、施工時にダクトの長さが長くなる傾向があるので、換気風量も計算より若干少な目になる場合が多いです。後日、換気システムのメンテナンス方法と風量の調節方法を施主に説明します。
新潟市 換気風量測定_c0091593_10160306.jpg


同時に、床下エアコンを稼働させて、各ガラリからの暖気の風量もチェックしていきます。一番遠いガラリからも十分な風量が確認できました。
新潟市 換気風量測定_c0091593_10160627.jpg





by takakoun | 2017-05-12 13:03 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)
新潟市 気密測定 

完成まで工事がすすんだ段階で気密測定を行っていきます。
当社の場合、住んでいる状態と同じ条件で測定しますので、目張り等は一切無しです。(計画換気部は除く。)
新潟市 気密測定 _c0091593_16380120.jpg


結果は0.31cm2/m2の超高気密。
新潟市 気密測定 _c0091593_16380411.jpg


高い負圧をかけた状態で漏気をチェックすると、やはり引き違い窓の召し合わせ部分(下写真参照)からの漏気が多いようです。しかし高い圧力をかけた状態で感じる程度なので、実生活で感じることはおそらく稀だとは思います。もっと気密を上げたい場合は窓種を変えた方がよいのでしょうが、使い勝手やコストもあるので、悩ましいところです。
ただ、いずれにしても高い次元での気密性能のなかでの話にはなります。
新潟市 気密測定 _c0091593_16380849.jpg





by takakoun | 2017-05-06 18:49 | 換気 | Trackback | Comments(0)
新潟市 日射遮蔽 庇 簾

建物の高断熱化をどんどんすすめていくと、ますます重要になってくるのは夏の日射を遮ること。夏、エアコンを使用しているときの負荷を減らしたり、エアコンを使っていないときでも熱がこもるのを防いだりします。

このお宅では、全ての窓上にはスダレが吊るせるように小さな庇を設けています。
新潟市 日射遮蔽 庇 簾_c0091593_15003073.jpg



冬場には日射取得のメインとなる2階南側の窓。逆に夏は日射の遮蔽を一番に考えたい所。ここには庇と併せて、窓下部にスダレを固定できるような手摺を設けました。庇を吊るす金物は施主支給してもらい取付。
新潟市 日射遮蔽 庇 簾_c0091593_15003495.jpg



1階の大きなテラス窓の上部は大きなテラス屋根を設けています。
新潟市 日射遮蔽 庇 簾_c0091593_15003931.jpg








by takakoun | 2017-04-28 16:05 | 高断熱高気密 | Trackback | Comments(0)